論文・セミナー

論文・セミナー

エステックによる論文・セミナーのお知らせ

セミナー

開催予定のセミナー

次回のエステック主催のセミナーは未定です。

社外発表

エステックエンジニアが発表予定の学会および講演会のお知らせです。

発表予定の学会・講演会

株式会社電通国際情報サービス主催
ISID CAEフォーラム“Think CAE,2017”

日時 2017年 11月 9日(木) 13:00~18:00
会場 東京コンファレンスセンター・品川
対象 製品の企画、設計、製造、研究、技術管理等に携われている製造企業の方々
参加料 無料(事前登録制)
発表タイトル 車体剛性と操縦安定性に関する研究
-官能評価と機械学習データ分析などを用いた現象把握-
発表者 姫野 信幸  (株式会社エステック)
発表内容

車体補強により車両の操縦安定性が向上する現象は、経験的に知られている。しかし、この現象が工学的に厳密に把握されている例は少ない。
本研究では、官能評価と計測データの機械学習分析などにより、車体補強と操縦安定性の関係を示す有意な特徴を抽出できたので報告する。

セミナーの詳細は、下記ホームページをご覧ください。

ISID CAEフォーラム “Think CAE,2017”


最近の発表履歴

2017.7.13 日本科学技術連盟 主催 : 第47回信頼性・保全シンポジウム
モニタリングデータを用いた保全技術(PHM:Prognostics and Health Management)の紹介
信頼性の分野においても大量のモニタリングデータをどのように有効活用するかというテーマに注力していくことは自明だが、今後の信頼性×ICTにおける技術革新の一旦を担うであろうPHMで取り組まれているデータ分析技術を共有する。本稿では「PHMとは何か。」という概念的な基礎知識から、PHMの実装に至る一般的な取組み手順などを紹介する。
アベイラビリティ最大化という信頼性工学とその大義を共にするPHM技術を通じ、モニタリングデータの有効利用に寄与する。

発表論文

エステックのエンジニアが各種学会等にて発表した論文のタイトルと概要です。論文をご希望される方は、お問い合わせください。


ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る