更新履歴

更新履歴

日本応用物理学会主催 秋季学術講演会 にて発表を行います。

この度、以下内容で発表があります。

日本応用物理学会主催
秋季学術講演会

日時 2019年 9月 19日(木)
会場 北海道大学 札幌キャンパス
発表タイトル 生体材料として機能するDNA-SWCNTs複合体の振動ダイナミクス
発表者 単層カーボンナノチューブ(SWCNTs)は優れた機械的・光学的特性を有しており、一本鎖DNA(ssDNA)の様な有機物で表面を被覆すると親水性を持つ生体材料として応用できることが知られている。
一方、体内にSWCNTsを適用するとき細胞を傷つけない長さは100~200nmと報告されているが、ssDNA-SWCNTsと細胞間にどのような相互作用が生じるかは不明な点が多い。
これら複合体の挙動を調べる手法として分子動力学法(MD)計算があるが、100nmを超える長さのssDNA-SWCNTsや細胞との振動特性をMD計算で評価することは多大な時間を有し現実的ではない。
そこで、有限要素法(FEM)を用いて生体内を模擬した状態におけるssDNA-SWCNTsと細胞間の振動特性を明らかにしたので報告する。
発表者 宮代 大輔    (株式会社エステック)
連名者 梅村 和夫 様  (東京理科大学)
平 久夫 様     (北海道教育大学)

詳細はこちらから

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る