更新履歴

更新履歴

執筆著書が発売されます

情報機構出版「IoT/AIの活用は製造業に革新をもたらすか?製造現場・工場におけるIoTの利用と可能性」にて弊社社員 多嘉良佑介 がISID共著で執筆しました。

著書 IoT/AIの活用は製造業に革新をもたらすか?
製造現場・工場におけるIoTの利用と可能性
出版社 株式会社 情報機構
発売日 2018年1月末予定
定価 60,000円
【早期割引:2018年1月31日まで】54,000円+税
執筆部 第4章 IoT/AIを導入すると「何が」できるのか
    製造現場・生産管理におけるIoT/AI活用の可能性と具体例

 第1節 IoT/AIを利用した生産効率の向上

    第3項 予知保全 
     1. 保全技術発展の背景
        1.1 信頼性中心保全とICT活用による機器保全の動向
        1.2 故障の種類と保全、計測の発展
     2.計測技術の重要性
        2.1 CBMとP-F Interval併用による確実な保全計画の実現
        2.2 計測と前処理
        2.3 状態指示する的確な特徴量
     3.予知保全を実現するPHM技術とは
        3.1 異常検知、故障診断と寿命予測の分析手法
     4.IoT 時代における予知保全:データドリブン型PHMの開発手順
     5.予知保全の実現と革新:ハイブリッド型PHMの推奨
        5.1 FMEAに基づく計測と予知

詳細(出版社WEBサイト)

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る