コンサルティング

コンサルティング

ソフトウェア

エステックが開発したソフトウェアは、エンジニアの技術力と長年の経験から生まれました。これらのソフトウェアは、全てエステックのコンサルティングプロジェクトの中で使用されているソフトウェアです。
このソフトウェアを、お客様の実験/解析業務に役に立つ事例と共にご紹介いたします。
また、新たなソフトウェア開発についてのご要望がありましたら、お問い合わせください。

実験支援

構造物のイナーシャ特性算出

解析モデルに必要なイナーシャ特性(慣性特性)を簡便な実験で精度良く求める方法があります。

テストモーダルモデル作成

実験モーダルモデル解析結果をFE解析に適用するために、テストモーダルモデルを作成します。

対象物を剛体と仮定して並進・回転運動を評価する

対象物を剛体と仮定した場合の任意点の剛体運動(並進3方向・回転3方向)を推定することで、対象物の運動を評価することができます。

モデル開発

構造物のイナーシャ特性算出

解析モデルに必要なイナーシャ特性(慣性特性)を簡便な実験で精度良く求める方法があります。

テストモーダルモデルの作成

実験モーダル解析結果をFE解析に適用するために、テストモーダルモデルを作成します。

解析モーダルモデルの作成

FEモデルを効率的に計算するために、解析モーダルモデルを作成してモデルを低自由度化(縮約)する方法があります。

吸音・遮音パネルのモデル化手法

吸音と遮音両方の特性を持つパネルトリム部品(フロアカーペットやダッシュインシュレータ等)をモデル化することができます。

制御解析での弾性体振動モデル化

Simulinkの制御解析において、対象物の弾性体振動を縮約したモーダルモデルとして取り込むことができます。

計算の効率化

FEモデル縮約による計算効率の向上

大規模なFEモデルの一部を簡便に縮約して、全体の計算効率を向上させることができます。

主成分モードの抽出

応答波形に対して寄与の高い主成分モードを抽出することで、固有モードが多くて複雑な現象を単純化できます。

ソルバソフトウエア

高速なエンジンの実稼働弾性振動解析

クランクとエンジン本体の振動を周波数領域で連成させる新しい解析手法により、きわめて短時間でエンジン振動を計算することが可能なソルバです。

モーダルモデルのリカバリ

解析モーダルモデルのオリジナル構造の全系応答結果を求めることができます。

周波数/振幅依存性特性を含んだ周波数応答解析

流体エンジンマウントのような周波数/振幅依存性特性があるブッシュ特性をモデル化して、周波数応答計算を行うことができます。

慣性/弾性トルクロール軸の算出

エンジンマウント設計を行う際に重要な慣性/弾性ロール軸を求めることができます。

分析手法ソフトウエア

多数の固有モードを持つモデルの評価分析手法(主成分モード分析)

モード密度が高い大規模モデルや高周波の応答を評価する際に、特定の入力に対して支配的な変形モードを求めることができます。

対象物を剛体と仮定して並進・回転運動を評価する

対象物を剛体と仮定した場合の任意点の剛体運動(並進3方向・回転3方向)を推定することで、対象物の運動を評価することができます。

剛体運動の中の微小変形を求める

対象物の絶対変形の中から、剛体変形分を差し引きして、微小な弾性変形のみを求めることができます。

実用的で効果的なTPA手法が欲しい

様々な手法があるTPAですが、それぞれ使い方を誤ると、間違った答えを導き出すことになります。

ポスト処理ソフトウエア

固有モードの寄与率表示

MSC Nastranから出力される固有モード寄与率・パネル寄与率を、効率良くプロットするツールです。

自励振動の不安定モード特定

摩擦によって生じる自励振動の発生メカニズムを予測し、自励振動を回避するための指針を得ることができます。

MSC Nastranの応答結果をI-deasでポスト処理

MSC Nastranの周波数・過渡応答結果をI-deasユニバーサルファイルに変換します。

MSC Nastranの大規模op2ファイルを分割

MSC Nastranの大規模モデルの固有値解析結果op2ファイルを分割してポスト処理を行いやすくします。

設計支援ソフトウェア

エンジンマウントのような弾性支持構造の設計を行う方へ

エンジンマウント設計を行う際に重要な慣性/弾性ロール軸を求めることで、マウントシステム設計を支援するツールです。

製品リスト

ESTECH.AxisDesign

剛体の質量特性、弾性マウントの支持位置と剛性係数、および入力トルクの方向余弦から、剛体の慣性ロール軸・弾性ロール軸の位置、剛体のロール剛性、剛体の固有振動数・固有振動モード(運動エネルギー配分)を瞬時に計算します。

ESTECH.ff10

MSC Nastran 周波数・過渡応答計算結果からI-deas Universal fileを作成します。

ESTECH.[ I ]property

対象構造物の周波数応答関数から、慣性特性(質量、重心位置、慣性モーメント)を最小二乗法により推定します。

ESTECH.MODAL2FEM

実験または解析モーダルパラメータから、等価なMSC Nastran及びI-deasモデルに変換します。

ESTECH.NAST+

MSC Nastranの機能強化ツールです。

ESTECH.PathFinder

動バネ法・逆マトリクス法・実稼動TPAに加え、エステックオリジナルのアセンブリTPA・マルチプルコヒーレンス寄与分析が可能な統合TPAツールです。

ESTECH.PlotTool

MSC Nastranの寄与率に関する出力を効率的に表示するツールです。

ESTECH.PRIMESPEC

エンジン主運動部品の主要諸元、および燃焼圧から、パワープラントに作用する剛体起振力を計算します。また、同起振力を用いて、エンジンマウント支持されたパワープラントの剛体振動を計算します。

ESTECH.PSISTOP

エンジン始動・停止時に、パワープラントに作用するエンジン剛体起振力、クランクシャフト入力トルクを計算します。

ESTECH.PS-X

自動車に代表されるレシプロエンジンの運転中の弾性振動を、きわめて高速に計算することができる新しい有限要素シミュレーションソフトウェアです。

ESTECH.RIDE

非線形コネクタを含むシステムモデルの周波数応答解析を行うソルバです。

ESTECH.Rmotion

構造物の運動データから、剛体と仮定した場合の任意点の運動データを最小二乗法により推定します。

ESTECH.rmRBM

MSC Nastran SOL101(静解析)/SOL103(固有値解析)/SOL108 and 111(周波数応答解析)/SOL109 and 112(過渡応答解析)の解析結果から、剛体変形を最小二乗法で求めて差し引き、弾性変形のみの応答を抽出します。

ESTECH.SimFlex

Simulinkの制御解析モデルに、弾性体モデルを取り込むことを可能にします。

ESTECH.Squeal

MSC Nastran 複素固有値計算結果から固有値の複素平面プロット、モード寄与度プロット、固有値シフトプロット、不安定度指標を描画します。

ESTECH.ssop2

MSC Nastran実固有値解析結果のop2ファイルを分割し、ポスト処理ツールでのハンドリングを容易にします。

*記載の会社名および製品等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
 

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る