コンサルティング

コンサルティング

リバースエンジニアリングによるFEモデル開発

概要

大型鋳物部品の場合、CAD形状と実物形状が抜き勾配の有無などで大きく異なることも多く見られます。この場合、CADから作成したFEモデルと実機では、モデルの相関が十分に得られません。

そのため、実機形状を3次元計測器にて測定し、実機の形状を忠実に再現したFEモデルを作成することで高い精度を持ったFEモデルを開発可能です。

また、これをCADから作成したモデルと比較することで、モデルの相関を得るための形状部位を特定することも、モデル化手法開発には重要です。

さらに、他社製品を解析するために、形状をリバースエンジニアリングにより計測し、ここから解析モデルを作成することも可能です。

エステックでは、3次元計測器を用いて実機形状に忠実なFEメッシュを作成し、加振実験によりモデル精度を検証して、高い精度を確保したモデルを開発可能です。

reverse_wheel_fe.png

リバースエンジニアリングにより作成した自動車用ホイールFEモデル

reverse_wheel_frf.png

FEモデルとインパクト加振実験との比較

ISIDグループ

  • 株式会社電通国際情報サービス

パートナー企業一覧

このページの先頭に戻る